ポケモン・ウィズ・ユー財団ポケモン・ウィズ・ユー財団

ICT教育支援活動

ポケモンプログラミングスタートキット

授業での使い方

「ポケモンプログラミングスタートキット」は、小学3年生の「総合的な学習の時間」での活用を想定した、学習指導案に基づいたキットです。特に、プログラミングを初めて授業で行う際に効果的にご利用いただけます。
日本国内の小学校での非営利使用に限り、本ウェブサイトから必要素材を無償でダウンロードしてご使用いただけます。(利用規約にご同意いただく必要があります)
このページでは、小学3年生の「総合的な学習の時間」での活用を想定した、学習指導案を紹介します。

単元名
プログラミングでポケモンを動かしてみよう
本単元について
本単元は、小学3年生の「総合的な学習の時間」で活用できる学習指導案です。2回の授業を想定した学習計画となっています。
世界でもっとも普及しているビジュアルプログラミングツールである「Scratch」と、ポケモンのイラスト素材を活用して、自らがシンプルなゲームをつくることができる内容となっています。
ゲームは、子どもたちにとって最も身近なプログラムであるといえます。普段は「遊び手」として楽しんでいるゲームの「作り手」となることで、様々な気づきを促すことができます。
特に、パソコンを活用して「プログラミングを初めて授業で行うケース」において、子どもたちの心理的ハードルを下げる効果が期待できます。
また、自らが工夫した点を発表しあい、相互に改善点を指摘し合うこと、独創的な工夫を評価することで、対話的な学びを促すことも期待できます。
本時の目標
  1. ①プログラミングの制御の通りにポケモンが動くことを体験し、簡単なゲームを制作することを通して、論理的に考えることができる。
  2. ②補助教材も活用しながら、自らの選択やアイデアでよりゲームがおもしろくなるよう探究する。
  3. ③ゲームにとどまらず、社会の中でプログラミングが活用されていることを理解することができる。
使用するツール

本単元では、ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」をご利用ください。
「Scratch」は、https://scratch.mit.eduから自由に入手できます。
スタートキットを使用する」から規約に同意いただくと、「Scratch」で使用できるポケモンのイラスト素材、授業でご利用いただけるスライドなどを、無償でダウンロードすることができます。
また、この単元用に制作された、授業で利用できる映像コンテンツも、無料で視聴することができます。映像はYouTubeに公開されており、URLは規約同意後に確認することができます。

学習指導案

第3学年 総合的な学習の時間学習指導案

その他利用できる
コンテンツ

マウス操作やタイピングなど、パソコンの操作に慣れるために必要なスキルを身につけることができる「ポケモンPCトレーニング」も、無料でご利用いただけます。マウスをダブルクリックしてポケモンを見つけたり、ポケモンの名前をタイピングで入力してバトルをするなど、楽しみながらパソコンの操作を学習できます。
「ポケモンPCトレーニング」は、インターネット上でご利用いただけます。「スタートキットを使用する」から規約に同意いただくと、URLを確認できます。休み時間や、家庭学習の時間など、授業以外の時間でご利用いただくことも可能です。

※Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.eduから自由に入手できます。

スタートキットを使用する