ニュース
2021.09.17

ポケモンスカラシップ2020年度奨学生の修了制作発表

ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでは、6月26日から7月4日の間、オンラインで修了制作展「RCA2021」が開催されました。ポケモンスカラシップ2020年度奨学生のジョヴァンニ・ディピラートもその研究成果を発表しました。

ジョヴァンニ・ディピラート(デザイン・プロダクト専攻)

視覚障害者向けのテニスは、人気も高く非常に楽しいスポーツであり、現在その規模が広がっています。
『RESET』は、このテニスを楽しむために必要な多くのニーズに対する回答です。
追跡しやすいボールの採用により、すべてのプレーヤーの反応性を高め、アスリートはその可能性を最大限に発揮できるようになります。
プレイヤーに軽い振動を伝えることによって触覚的なラインに頼る必要がなくなり、コート内のスペースと個人の位置をより理解できるようになります。
コートの内側と外側のどちらでボールが跳ねたかが分かるようになることで、視覚障害のあるアスリートがゲームのスコアを自分自身で把握できるようになります。
最も人気のあるスポーツの1つであるテニスを、初心者がプレイし続け、繰り返し挑戦し、楽しむことができる様に。
これら良質な器具の力を深く信じています。

https://2021.rca.ac.uk/students/giovanni-dipilato

このページをシェアする